一般社団法人 パソコン3R推進協会

さいまる君と行く パソコン解体見学ツアー


パソコン解体の様子をさいまるくんと一緒に見てみましょう

回収された皆様のパソコンは再資源化センターへ集められます。 集められたパソコンは、セキュリティの施された部屋で管理・解体されています。

パソコンは1台1台手分解され、筐体、ハードディスク、ケーブル、プリント基板、…というように、パーツや材質ごとに分別されます。

特にハードディスクは、専用の機械で物理的な破壊を行った上で、鉄、アルミ、ダストなどに分けられます。

これからパソコンを廃棄に出す方へ

廃棄に出されたパソコンのハードディスクは、再資源化センターに集められた後に破壊処理が施されますが、個人データの流出等が心配な方は、パソコン排出前にご自身の手で「データ消去」を行ってください。

パソコンに含まれるネオジムなどの希少金属(産出量が少なく、希少性の高い金属)のリサイクル技術の開発も行われています。 写真は(株)日立製作所が経済産業省及び、NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)からの助成金を受け開発したHDD分解装置であり、東京エコリサイクル(株)にて実証運転中です。

こうして分けられた素材は、可能な限り無駄なく、新しい製品へと生まれ変わっていきます。

【取材協力 : 東京エコリサイクル(株)】


ページトップへ戻る